ワイキキサーフボードレンタル

ハワイ・ワイキキの最安サーフボードレンタルショップ

October, 2017

Month
NOBRAND HAWAII ZACK EPS 7’0” × 21 1/4
NEW

Nobrand Hawaii Zack EPS 7’0” × 21 1/4″ × 2 1/2″

ロングボード、トランジションボード、ショートボードのカテゴライズは、ビジュアルや歴史の明確なバックグラウンドが存在し理解しやすいが、この丸みを帯びたノーズアウトラインにラウンドなテール形状に見た目の特異性を探すのは容易ではない。 しかし一見...
NOBRAND HAWAII ZACK EPS 7’4” × 21 1/4
NEW

Nobrand Hawaii Zack EPS 7’4” × 21 1/4″ × 2 1/2″

ロングボード、トランジションボード、ショートボードのカテゴライズは、ビジュアルや歴史の明確なバックグラウンドが存在し理解しやすいが、この丸みを帯びたノーズアウトラインにラウンドなテール形状に見た目の特異性を探すのは容易ではない。 しかし一見...
NOBRAND HAWAII MINI BULLET “FLAX” 5’11” × 20 1/4
NEW

Nobrand Hawaii Mini Bullet “FLAX” 5’11” × 20 1/4″ × 2 1/2″

デッキ形状はドーム採用でレールは薄く感じるが、ストリンガー中心エリア(胸の当たる部分)には十分な浮力が確保されている。 満足なサーフィングには波のパワーが少し必要だが少ないテールロッカー、スライトVボトムのマッチングがレールの素早い切り返し...
NOBRAND HAWAII MINI BULLET 5’11” × 20 1/4
NEW

Nobrand Hawaii Mini Bullet 5’11” × 20 1/4″ × 2 1/2″

デッキ形状はドーム採用でレールは薄く感じるが、ストリンガー中心エリア(胸の当たる部分)には十分な浮力が確保されている。 満足なサーフィングには波のパワーが少し必要だが少ないテールロッカー、スライトVボトムのマッチングがレールの素早い切り返し...
NOBRAND HAWAII CLASSIC EPS 9’0” × 22 7/16
NEW

Nobrand Hawaii Classic EPS 9’0” × 22 7/16″ × 2 3/4″

ノーブランドのロングボードにルーツを持つ”クラシック”モデルは、伝統的なラインアップの中で最もハイパフォーマンスなボードコンセプトに近い。 素性のハンドリングの軽快感に加え、レールにボリュームを持たせる事で浮力を十分に確保、EPS特有の高反...
NOBRAND HAWAII CLASSIC EPS 9’3” × 22 5/8
NEW

Nobrand Hawaii Classic EPS 9’3” × 22 5/8″ × 2 3/4″

ノーブランドのロングボードにルーツを持つ”クラシック”モデルは、伝統的なラインアップの中で最もハイパフォーマンスなボードコンセプトに近い。 素性のハンドリングの軽快感に加え、レールにボリュームを持たせる事で浮力を十分に確保、EPS特有の高反...
ケワロ

ケワロ

アラモアナビーチパークの一番右側に位置するポイント。 ショート向けなポイントで、岩やシャローなリーフに注意が必要。 ローカル色も強い上級者向けのポイント。
ビッグライツ

ビッグライツ

コーツよりさらに西側に位置するビッグライツ、潮の上げている時間帯は割れづらく、引き潮が狙い目。 一度サイズアップすると極上のレギュラーのチューブがブレイクする有名プロサーファーも入る上級者向けのポイントです。
コーツ

コーツ

アラモアナビーチパークのテニスコーツの正面にあるポイント。 サウスで唯一、西寄りのうねりに反応するポイントです。 アラモアナ一体にサウスのうねりが入らない時でもコーツだけ西のうねりを拾いサイズがある時も。 ウネリは斜めに入り、レギュラーの少...
ボールズ

ボールズ

ワイキキの一番西側に位置するヒルトンハワイアンビレッジの右奥に位置するポイント。 ワイキキでも特にショート向きなポイントで、サイズが上がるとグーフィーのチューブが出現。 サイズの小さい時はグーフィー、レギュラーともにライディング可能。 波の...
ポップス

ポップス

クイーンズのすぐ右手に位置するポイントで、初級者向けのポイント。 波は優しく、乗りやすいポイントですが、ワイキキで最も混雑するポイントの一つ。 ビジター、初心者も多いので接触事故など十分注意が必要です。
カヌーズ

カヌーズ

クイーンズのすぐ右手に位置するポイントで、初級者向けのポイント。 波は優しく、乗りやすいポイントですが、ワイキキで最も混雑するポイントの一つ。 ビジター、初心者も多いので接触事故など十分注意が必要です。