はじめに



毎年多くの観光客で溢れるハワイでサーフィンデビューする人は多いです。ハワイはサーフィンの聖地でありサーフィンを始める環境が整っているため、サーフィン未経験者の方であっても気軽にデビューすることができます。


ただ、ハワイ現地のサーフィンマナーを知らないと現地サーファーに迷惑をかけてしまいトラブルの元にもなりかねないのです。サーフィン未経験者の方は特にハワイのサーフィンルール・マナーというものを知って楽しむようにしましょう。


ということでハワイにおけるサーフィンのルール・マナーについてご紹介させていただきます。




初心者であることを自覚しよう



サーフィン以外でもそうですが、形から入ったり格好を付けたがるのが人間の性です。まだ技量がそこまでないのにも関わらずショートボードに挑戦したり、ライフジャケットの着用をしなかったりという話はよく耳にします。 ですが、そのような行為は現地のサーファーからしたら非常に迷惑になります。


上級者の方がサーフィンをしていて良い波が来ても初心者が周りにうろうろしていたのであっては危なくて波に乗ることができません。 初心者の方は安全の意味も兼ねてレベルに合ったボード選びやライフジャケットとリーフブーツの着用、ポイントを選ぶようにしましょう。




時間帯を選んでサーフィンしよう



ワイキキビーチは立地がホテルに近く利便性が良いため初心者にオススメされるスポットです。時間帯によっては初心者のサーファーが多くいる場合もあります。 人が多い時間帯では初心者が練習をして注意を受けるのもよく見かけます。時間帯はしっかりと選んでいきましょう。


オススメなのは人の少ない早朝で人とぶつかる危険性も人が多い昼時と比べると減少します。 ぶつかって相手を怪我させたり、自分が怪我を負ったりすることは常に考えられるのでまだ初心者でボードをコントロールできない内は時間帯を選んで練習するようにしましょう。




大きな態度を取らないようにしよう



ハワイの海では観光客がトラブルに巻き込まれる事態がしばしば存在します。トラブルに巻き込まれる人の多くは態度が大きくマナーを知らない方が多いです。 「自分はハワイに旅行へ来ているんだ」「お金を払ってるんだ」などのような態度はとらないようにしてビーチの独占やボードレンタルの店員に横暴な態度で接するようなことはしないようにしましょう。


またポイントに大人数で入ったり大きな声で騒いだり、周りの注目を集めてしまうような立ち回りをしないよう十分に注意しましょう。 ハワイの現地サーファーや住民、他の観光客などのことも考え譲り合いのある行動をするようにしましょう。




まとめ



サーフィン未経験者の方はハワイでサーフィンをする際に自分が初心者であることを強く自覚しましょう。


多くの観光客と現地サーファでにぎわうビーチであれば、その両方を考慮した慎みある練習をするようにしましょう。 余計なトラブルになるべく巻き込まれたくないのであれば人の少ない時間帯を選択するなどの工夫が必要です。 全ての人が不満なく楽しめるように周りへの気配りを忘れないようにしましょう。