はじめに



ハワイのオアフ島には数多くのサーフスポットが存在します。

その中でも異色放っているのがオアフ島東沿岸にあるイーストサイドです。


イーストサイドはオンショアの風がとても強いエリアであり、別名ウインドワードサイドとも呼ばれています。もちろんサーフィンにはオススメのスポットですがウインドサーフィンといった風を操って楽しむマリンスポーツも人気です。


ここではイーストサイドの有名スポットをいくつかご紹介していきたいと思います。




イーストサイドの静かなスポットであるサンディビーチ!



イーストサイドは風が強いというお話をしましたが、風があまり吹いてなく静かなサンディビーチというスポットも存在します。


ビーチという名前ではありますが岩場が多く複雑な潮の流れにより高い波を作り出しているスポットです。

サンディビーチは大きなショアブレイクのボディーボードポイントとして有名ですが、サーフィンを楽しむこともできます。


海面に突き出た岩があり決して初心者向きのサーフスポットとは言えず、潮の流れと岩がぶつかり合うことで生まれる高い波を体験したいチャレンジャーの方にはオススメかもしれません。




時期によっては天国に変わるラビットアイランド!



ラビットアイランドはイーストサイドから少し離れた位置にある島です。


サーフィンに適した穏やかな波が打ち寄せることで知られています。サーファーの間では穴場スポットのような感じでイーストサイドから多くのサーファーがラビットアイランドへ向かいます。


そんなサーフィンにオススメなラビットアイランドですが時期を間違えると大変なことになります。

ラビットアイランドの周りにはサメが多く出没し、夏から秋にかけては頻繁に出没するため時期を選ぶようにしましょう。


現地に詳しい方やガイドツアーなどであればいいかもしれませんがプライベートで危険な時期にサーフィンをするのはオススメできません。




ハワイを独り占めして楽しみたいならモクルアアイランド!



ハワイはサーフィンのメッカであるためどこのビーチでも先客がいたりするものです。


プライベートな空間でのびのびと気兼ねなくサーフィンをするには少々難しいです。ですが、ハワイの絶景を味わえプライベートな空間でサーフィンを楽しめるオススメのサーフスポットが存在します。


モクルアアイランドというオススメスポットですが、もちろんハワイの絶景や絶好の波でサーフィンをすることは可能です。ですが、人気がない理由としてやはりサメが出没するのです。


鮫が多く出没する時期などの関係ありますが、モクルアアイランドの周りにはサメが常に多いので現地のサーファーも中々寄り付かない曰く付きのサーフスポットなのです。




まとめ



イーストサイドは吹き抜ける風が特徴的なサーフスポットです。常にオンショアが強いため海も少し荒れ気味ですが風さえ合えば良い波でサーフィンを楽しむことができます。

ですがイーストサイド付近にはサメがよく出没するためなるべくイーストサイド以外でサーフィンを楽しむことがオススメです。


詳しい現地のサーファーの同行やガイドツアーの場合以外はやはりサメのリスクが存在するためオススメのスポットとは言い難いです。

また、イーストサイドでサーフィンをする際にはサメの出没しない時期を考えていくことが大切です。