ダイアモンドヘッド

ダイアモンドヘッドの麓のポイントで、崖のスロープを降りポイントに向かいます。
スロープを降りて右側がライトハウス、左側がクリフス。
ライトハウスのロータイドはかなり浅くなるのでエントリーに注意が必要です。
一度正面にパドルアウトし右に迂回するコースでエントリーしましょう。

どちらもサウスの中ではウネリに敏感なポイントで比較的コンスタントに波があるポイント。
また、風の影響を非常に受けやすいポイントでもあり、狙い目は風の弱い午前6時〜9時の時間帯がオススメ。
車上荒らしの多いポイントで車の鍵、車内の貴重品には要注意。

クイーンズ

ワイキキのデューク・カハナモク像の正面左手に位置するポイント。
波が上がると極上のレギュラーの波がブレイクするポイントで、いつもロングボードで混雑するポイント。
波のサイズがある時はインサイドでも波がブレイクし、ショートボードでも楽しめる波がブレイクします。
いつも多くのサーファーでにぎわっており、ローカルには注意が必要。

カヌーズ

クイーンズのすぐ右手に位置するポイントで、初級者向けのポイント。
波は優しく、乗りやすいポイントですが、ワイキキで最も混雑するポイントの一つ。
ビジター、初心者も多いので接触事故など十分注意が必要です。

ポップス

クイーンズのすぐ右手に位置するポイントで、初級者向けのポイント。
波は優しく、乗りやすいポイントですが、ワイキキで最も混雑するポイントの一つ。
ビジター、初心者も多いので接触事故など十分注意が必要です。

ボールズ

ワイキキの一番西側に位置するヒルトンハワイアンビレッジの右奥に位置するポイント。
ワイキキでも特にショート向きなポイントで、サイズが上がるとグーフィーのチューブが出現。
サイズの小さい時はグーフィー、レギュラーともにライディング可能。
波のブレイクも早く上級者向けなポイントです。

コーツ

アラモアナビーチパークのテニスコーツの正面にあるポイント。
サウスで唯一、西寄りのうねりに反応するポイントです。
アラモアナ一体にサウスのうねりが入らない時でもコーツだけ西のうねりを拾いサイズがある時も。
ウネリは斜めに入り、レギュラーの少し厚めな波でロングボード向きなポイントになります。

ビッグライツ

コーツよりさらに西側に位置するビッグライツ、潮の上げている時間帯は割れづらく、引き潮が狙い目。
一度サイズアップすると極上のレギュラーのチューブがブレイクする有名プロサーファーも入る上級者向けのポイントです。

ケワロ

アラモアナビーチパークの一番右側に位置するポイント。
ショート向けなポイントで、岩やシャローなリーフに注意が必要。
ローカル色も強い上級者向けのポイント。